TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾研究室TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾研究室

MENU

Natural Language Processing

Explore Human & Machine Thinking

Notifications【お知らせ】

2022 Nov.16

The 3rd Quiz-based Japanese QA system Competition / AI王 〜クイズAI日本一決定戦〜 第3回コンペティション

A quiz-based Japanese QA system competition named “AIO” will be held on December 2, 2022.

クイズを題材にした日本語質問応答システムのコンペティション「AI王 〜クイズAI日本一決定戦〜 第3回コンペティション」の最終報告会を 2022年12月2日 (金) にオンラインで開催いたします。参加チームによるシステム報告をはじめ、質問応答における最新の研究動向や日本語のクイズについての招待講演を企画しています。最終報告会への参加には事前参加申込が必要です。最終報告会のページから申込の上、ぜひご参加ください!

AI王は、東北大学/理化学研究所/NTTの共同プロジェクトで、第3回コンペティションの運営には Tohoku NLP のメンバー(鈴木潤教授、赤間怜奈助教、松田耕史、鈴木正敏、有山知希、松本悠太)が携わっています。

2022 Nov.09

第6回「女子中高生のための『数理・情報・AI』最前線!」にてトークを行います

2023年1月27日(金) 18:00-19:00 に行われる第6回 女子中高生のための「数理・情報・AI」最前線!(理研AIP主催オンラインセミナー)にて、赤間怜奈助教と石月由紀子(修士1年)がトークを行います。

数理・情報・AIの研究内容や研究者について女子中高生の皆さんにもっと知ってもらうことを目的とした、理化学研究所革新知能統合研究センター(理研AIP)が主催する参加無料のセミナー(全6回予定)です。二名は自然言語処理の研究に携わる立場から、現在の取り組みや今の進路を選んだきっかけ、将来の夢などをお話しする予定です。皆様のご参加をお待ちしています!

News【ニュース】

2022 Sep.07
Talk

Talk at Evidence-based Linguistics Workshop 2022 / Evidence-based Linguistics Workshop 2022 にてトークを行いました

Assistant Professor Reina Akama gave a talk at Evidence-based Linguistics Workshop 2022 held from September 5th to 7th.

9月5日から7日にかけて開催された Evidence-based Linguistics Workshop 2022 併設の「日本語における評価用データセットの構築と利用性の向上」分科会 にて、赤間怜奈助教が『日本語日常対話コーパスの構築と自然言語処理への活用』のタイトルでトークを行いました。

open
2022 Sep.06
Talk

Talk at NAIST DSC NLP Seminar 2022 Summer / NAIST DSC NLP Seminar 2022 Summer にてトークを行いました

Assistant Professor Sho Yokoi gave a talk at NAIST DSC NLP Seminar 2022 Summer held from September 5th to 6th.

9月5日と6日に開催された NAIST DSC NLP Seminar 2022 Summer にて、横井祥助教が『構造を持った言語データと最適輸送』のタイトルでトークを行いました。

スライドはこちらから:https://speakerdeck.com/eumesy/optimal-transport-for-structured-language-data

open
2022 Aug.31
News Release

Press release / プレスリリース公開 “人間とAIの協調により記述式答案自動採点の品質を保証 ─AIによる安全な自動採点の実現に道─”

A press release for our work has been published.

東北大学より、舟山弘晃(博士1年)、松林優一郎准教授、鈴木潤教授、乾健太郎教授らの研究成果に関するプレスリリースが公開されました。

Publication Details:
 Title: Balancing Cost and Quality: An Exploration of Human-inthe-Loop Frameworks for Automated Short Answer Scoring
 Authors: Hiroaki Funayama, Tasuku Sato, Yuichiroh Matsubayashi, Tomoya Mizumoto, Jun Suzuki and Kentaro Inui
 Conference: The 23rd International Conference on Artificial Intelligence in Education (AIED2022)

open
2022 Aug.30
News Release

The 17th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) Encouragement Award and Sponsorship Award / NLP若手の会 (YANS) 第17回シンポジウム 奨励賞・スポンサー賞受賞

Our team received the Encouragement Awards for four works and the Sponsorship Award at the 17th YANS Symposium. Congratulations!

NLP若手の会 (YANS) 第17回シンポジウムにて、奨励賞(4件)とスポンサー賞(1件)を受賞しました。おめでとうございます!

奨励賞:

  • 栗田宙人
    BERTを用いた文埋め込みモデルによる単語の暗黙的な重み付け(栗田宙人,小林悟郎,横井祥,乾健太郎)
  • 小林悟郎
    Transformerにおけるフィードフォワードネットの混ぜ合わせ作用(小林悟郎,栗林樹生,横井祥,乾健太郎)
  • 栗林樹生
    視覚情報は言語モデルに人間らしい統語的汎化を促すか(栗林樹生)
  • 大羽未悠(NAIST)
    言語モデルの第二言語獲得効率(大羽未悠,栗林樹生,大内啓樹,渡辺太郎)

スポンサー賞:

  • 栗田宙人 (PKSHA Technology 賞)
    BERTを用いた文埋め込みモデルによる単語の暗黙的な重み付け(栗田宙人,小林悟郎,横井祥,乾健太郎)

open
2022 Aug.30
News Release

The 17th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) / NLP若手の会 (YANS) 第17回シンポジウム

2022年8月29日と30日にオンラインで開催されるNLP若手の会 (YANS) 第17回シンポジウムにおいて、Tohoku NLP メンバーが携わる下記11件の研究発表がおこなわれました。

The following works were presented at The 17th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) held online on August 29th and 30th.

8月29日(月)

ポスターセッション(1) 13:00-14:00

  • [P1-4] 論述文の深い論理構造の自動解析に向けて
    ○王文質(東北大/理研),Farjana Sultana Mim(東北大),内藤昭一(東北大/理研/リコー),Keshav Singh(東北大),井之上直也(JAIST/理研),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P1-6] 言語モデルの第二言語獲得効率
    ○大羽未悠(NAIST),栗林樹生(東北大/Langsmith),大内啓樹(NAIST/理研),渡辺太郎(NAIST)

ポスターセッション(2) 14:30-15:30

  • [P2-8] BERTを用いた文埋め込みモデルによる単語の暗黙的な重み付け
    ○栗田宙人(東北大),小林悟郎(東北大),横井祥(東北大/理研),乾健太郎(東北大/理研)

ポスターセッション (3) 16:00-17:00

  • [P3-4] Towards Explicating Implicit Reasoning in Arguments
    ○Keshav Singh, Naoya Inoue, Farjana Sultana Mim, Shoichi Naitoh, Kentaro Inui
  • [P3-8] Transformerにおけるフィードフォワードネットの混ぜ合わせ作用
    ○小林悟郎(東北大),栗林樹生(東北大/Langsmith),横井祥(東北大/理研),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P3-9] 人の話題遷移モデリングのための基礎分析
    ○岸波洋介(東北大),赤間怜奈(東北大/理研),佐藤志貴(東北大),徳久良子(東北大),鈴木潤(東北大/理研),乾健太郎(東北大/理研)

8/30(火)

ポスターセッション (4) 11:30-12:30

  • [P4-1] 点予測による高速な形態素解析のための素性とアルゴリズム
    ○赤部晃一(LegalForce),神田峻介(LegalForce),小田悠介(LegalForce/東北大)
  • [P4-10] 視覚情報は言語モデルに人間らしい統語的汎化を促すか
    栗林樹生(東北大/Langsmith)

ポスターセッション (5) 15:00-16:00

  • [P5-1] 最小コスト法による形態素解析のキャッシュ効率改善
    ○神田峻介(LegalForce),赤部晃一(LegalForce),後藤啓介(LegalForce),小田悠介(LegalForce/東北大)
  • [P5-4] 能動的な対話システム実現に向けた談話マーカーの利用の検討
    ○守屋彰二(東北大),岸波洋介(東北大),徳久良子(東北大),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P5-10] 推論過程の性質がニューラルネットの多段推論能力に与える影響
    ○青木洋一(東北大),工藤慧音(東北大),栗林樹生(東北大/Langsmith),Ana Brassard(理研/東北大),吉川将司(東北大),乾健太郎(東北大/理研)
open
2022 Aug.18
News Release

Acceptance to COLING 2022 / COLING 2022 採択

The following papers have been accepted to The 29th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2022).

COLING 2022 に下記の論文が採択されました。

  • Yosuke Kishinami, Reina Akama, Shiki Sato, Ryoko Tokuhisa, Jun Suzuki and Kentaro Inui
    “Target-Guided Open-Domain Conversation Planning”
  • Riki Fujihara, Tatsuki Kuribayashi, Kaori Abe, Ryoko Tokuhisa and Kentaro Inui
    “Topicalization in Language Models: A Case Study on Japanese”
  • Shuhei Kurita, Hiroki Ouchi, Kentaro Inui and Satoshi Sekine
    “Iterative Span Selection: Self-Emergence of Resolving Orders in Semantic Role Labeling”
  • Satoshi Sekine, Kouta Nakayama, Masako Nomoto, Maya Ando, Asuka Sumida and Koji Matsuda
    “A Resource of Wikipedias in 31 Languages Categorized into Fine-Grained Named Entities”
open
2022 Aug.18
News Release

Selected for Best Paper Nominee at AIED2022 / AIED2022 ベストペーパーにノミネート

The following paper was selected for the Best Paper Nominee at AIED2022. Congratulations!

舟山弘晃(博士1年)らの下記の研究が、AIED2022 のベストペーパーにノミネートされました。おめでとうございます!

  • Hiroaki Funayama, Tasuku Sato, Yuichiroh Matsubayashi, Tomoya Mizumoto, Jun Suzuki and Kentarou Inui.
    Balancing Cost and Quality: An Exploration of Human-in-the-loop Frameworks for Automated Short Answer Scoring
open
2022 Aug.04
News Release

IPSJ Yamashita SIG Research Award / 山下記念研究賞 受賞

Shun Sato (earned master’s degree in March) received the IPSJ Yamashita SIG Research Award. Congraturations!

今年3月に修士課程を修了した佐藤俊さんが、在学時に情報処理学会第249回自然言語処理研究会にて発表した下記の研究で2022年度(令和4年度)山下記念研究賞を受賞しました。
おめでとうございます!

  • 佐藤俊, 大内啓樹, 塙一晃, 佐々木翔大, 乾健太郎
    “事例ベース推論を行うニューラルモデルの説明性とハブ現象の関係”
open
2022 Jul.30
News Release

The 23rd International Conference on Artificial Intelligence in Education (AIED 2022)

The following papers were presented at the 23rd International Conference on Artificial Intelligence in Education (AIED 2022), held from July 27th to 29th.

7月27日から29日にかけて開催された AIED 2022 にて下記2件の発表をおこないました。

  • Hiroaki Funayama, Tasuku Sato, Yuichiroh Matsubayashi, Tomoya Mizumoto, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Balancing Cost and Quality: An Exploration of Human-in-the-loop Frameworks for Automated Short Answer Scoring.”
  • Tasuku Sato, Hiroaki Funayama, Kazuaki Hanawa and Kentaro Inui.
    “Generating Feature Attribution-based Explanations for Automated Short Answer Scoring.”
open
2022 Jul.29
Blog

東北大学オープンキャンパス 2022

今年の東北大学オープンキャンパス は、7月27日〜28日に対面・オンラインのハイブリッド形式で開催されました。
乾研究室は、以下のイベント・掲示に参加しました。

open
2022 Jul.27
Talk

MICS: Dr. Daisuke Bekki / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー): 戸次大介氏ご講演

Dr. Daisuke Bekki from Ochanomizu University gave a talk entitled “Dependent types and dynamics of natural language”. (MiCS)

お茶の水女子大学の戸次大介氏に、「依存型と自然言語のダイナミクス」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2022 Jul.20
News Release

Doctoral defenses / 博士論文本審査会が行われました

Doctoral students Farjana Sultana Mim and Shota Sasaki had their doctoral defense with lab members in the audience. They each took 50 minutes to present the culmination of their work spanning through six years, from their 4th year of bachelor studies to today, with 35 more minutes for questions and comments. Great job!

研究室メンバーに見守られる中、Farjana Sultana Mimさん、佐々木 翔大さんの博士論文本審査会(発表50分、試問35分)が行われました。研究の集大成がまとめられた、濃い85分間でした。
Mimさん、佐々木さん、おつかれさまでした!

open
2022 Jul.09
News Release

Workshop on ExploreCSR @Tohoku University / Workshop on ExploreCSR @Tohoku University

Professor Kentaro Inui gave a mock-lecture at Workshop on ExploreCSR @Tohoku University held at Sendai on July 9.
Members of the Tohoku NLP group (Assistant Professor Rena Akama (committee chair), Professor Jun Suzuki, Ana Brassard, Yukiko Ishizuki, and Keito Kudo) participated in this workshop as committee members.

7月9日に仙台で開催された Workshop on ExploreCSR @Tohoku University にて、乾健太郎教授が『AI はいつか言葉を理解するか? 〜言語から見る人工知能の現在と未来〜』のタイトルで模擬講義を行いました。
また、本ワークショップの実行委員に、Tohoku NLP のメンバー(赤間怜奈助教(委員長)、鈴木潤教授、Ana Brassard、石月由紀子、工藤慧音)が参画しました。

open
2022 Jul.04
News Release

Acceptance to SIGDIAL 2022 / SIGDIAL 2022 採択

The following paper has been accepted to The 23rd Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue (SIGDIAL 2022).

SIGDIAL 2022 に下記の論文が採択されました。

  • Shiki Sato, Reina Akama, Hiroki Ouchi, Ryoko Tokuhisa, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “N-best Response-based Analysis of Contradiction-awareness in Neural Response Generation Models”
open
2022 Jul.01
News Release

Appointment of a New Associate Professor / 准教授着任

Keisuke Sakaguchi is appointed to be an associate professor in our Lab, on July 1st 2022. Welcome!

2022年7月1日から、坂口慶祐さんが乾・坂口・徳久研究室の准教授に着任しました。ようこそ!

open
2022 Jul.01
News Release

The 13th Edition of Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2022)

The following papers were presented at the 13th Edition of Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2022), held from June 22nd to 25th.

6月22日からオンラインおよびフランスで開催された LREC 2022 にて下記7件の発表をおこないました。

  • Shoichi Naito, Shintaro Sawada, Chihiro Nakagawa, Naoya Inoue, Kenshi Yamaguchi, Iori Shimizu, Farjana Sultana Mim, Keshav Singh and Kentaro Inui.
    “TYPIC: A Corpus of Template-Based Diagnostic Comments on Argumentation”
  • Farjana Sultana Mim, Naoya Inoue, Shoichi Naito, Keshav Singh and Kentaro Inui.
    “LPAttack: A Feasible Annotation Scheme for Capturing Logic Pattern of Attacks in Arguments”
  • Ana Brassard, Benjamin Heinzerling, Pride Kavumba and Kentaro Inui.
    “COPA-SSE: Semi-structured Explanations for Commonsense Reasoning”
  • Keshav Singh, Naoya Inoue, Farjana Sultana Mim, Shoichi Naito and Kentaro Inui.
    “IRAC: A Domain-specific Annotated Corpus of Implicit Reasoning in Arguments”
  • Daisuke Suzuki, Yujin Takahashi, Ikumi Yamashita, Taichi Aida, Tosho Hirasawa, Michitaka Nakatsuji, Masato Mita and Mamoru Komachi.
    “Construction of a Quality Estimation Dataset for Automatic Evaluation of Japanese Grammatical Error Correction”
  • Yujin Takahashi, Masahiro Kaneko, Masato Mita and Mamoru Komachi.
    “Proficiency Matters Quality Estimation in Grammatical Error Correction”
  • Makoto Morishita, Katsuki Chousa, Jun Suzuki and Masaaki Nagata.
    “JParaCrawl v3.0: A Large-scale English-Japanese Parallel Corpus”

open
2022 Jun.20
News Release

The 36th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2022 / 2022年度 人工知能学会全国大会 (第36回)

The following five presentations were given at The 36th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2022 (JSAI2022) held from June 14 to 17.

2022年6月14日から17日にかけて行われた2022年度 人工知能学会全国大会 (第36回)(JSAI2022)において、下記5件の研究発表をおこないました。


6/14(火)

[1P4-GS-6] 言語メディア処理:基礎   2022年6月14日(火) 14:20-16:00, P会場 (遠隔P)

  • [1P4-GS-6-02] 学習済み埋め込み空間の線型部分空間を用いた集合演算 14:40-15:00
    〇石橋 陽一 (NAIST)、横井 祥 (東北大/理研)、須藤 克仁 (NAIST/理研/さきがけ)、中村 哲 (NAIST/理研)

6/16(木)

[3C4-GS-6] 言語メディア処理:一般   2022年6月16日(木) 15:30-17:10, C会場 (Room C-2)

  • [3C4-GS-6-01] 深層学習モデルの数量推論能力の評価とメタ学習活用の試み 15:30-15:50
    〇工藤 慧音 (東北大)、青木 洋一 (東北大)、Brassard Ana (理研/東北大)、栗林 樹生 (東北大/Langsmith)、吉川 将司 (東北大/理研)、乾 健太郎 (東北大/理研)

[3Yin2] インタラクティブセッション1   2022年6月16日(木) 11:30-13:10, Y会場 (Event Hall)

  • [3Yin2-39] 日本語学習者支援のための敬語変換タスクの提案
    松本 悠太 (東北大)、〇林崎 由 (東北大)、北山 晃太郎 (東北大)、舟山 弘晃 (東北大/理研)、三田 雅人 (理研)、乾 健太郎 (東北大/理研)

6/17(金)

[4Yin2] インタラクティブセッション2   2022年6月17日(金) 12:00-13:40, Y会場 (Event Hall)

  • [4Yin2-17] 文間意味的類似度のベンチマークタスクと実応用タスクの乖離
    〇阿部 香央莉 (東北大)、横井 祥 (東北大/理研)、梶原 智之 (愛媛大)、乾 健太郎 (東北大/理研)
  • [4Yin2-18] 法律の階層構造を利用した教師あり対照学習による法律検索
    〇チェ ジョンミン (NAIST)、本多 右京 (NAIST/理研)、渡辺 太郎 (NAIST)、大内 啓樹 (NAIST/理研)
open
2022 Jun.09
News Release

Acceptance to SOMET 2022 / SOMET 2022 採択

The following paper has been accepted to THE 21th INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT SOFTWARE METHODOLOGIES, TOOLS, AND TECHNIQUES (SOMET 2022).

SOMET 2022 に下記の論文が採択されました。

  • Atsushi SHIRAFUJI, Takumi ITO, Makoto MORISHITA, Yuki NAKAMURA, Yusuke ODA, Jun SUZUKI, and Yutaka WATANOBE.
    “Prompt Sensitivity of Language Model for Solving Programming Problems.”
open
2022 Jun.07
News Release

Lecture given at the Nagoya NLP Seminar 2022 / 2022年度名古屋地区NLPセミナー 講演

RIKEN Technical Staff Shun Kiyono gave a lecture at the Nagoya NLP Seminar 2022 held online on June 7.

6月7日にオンラインで開催された2022年度名古屋地区NLPセミナー にて、清野舜(テクニカルスタッフ)が『より良いTransformerをつくる』のタイトルで講演を行いました。

open
2022 May.30
News Release

The 60th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2022)

The following papers were presented at the 60th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2022) main conference and student research workshop, held from May 22nd to 27th.

5月22日からオンラインで開催された ACL 2022 および併催ワークショップにて、下記3件の発表をおこないました。

Main Conference:

  • Pride Kavumba, Ryo Takahashi, and Yusuke Oda.
    “Are Prompt-based Models Clueless?”
  • Ryo Nagata, Manabu Kimura, and Kazuaki Hanawa.
    “Exploring the Capacity of a Large-scale Masked Language Model to Recognize Grammatical Errors”

Student Research Workshop:

  • Shumpei Miyawaki, Taku Hasegawa, Kyosuke Nishida, Takuma Kato and Jun Suzuki.
    “Scene-Text Aware Image and Text Retrieval with Dual-Encoder”
open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes
Close