Tohoku NLP Group

Explore Human & Machine Thinking

News【ニュース】

2024 Feb.19
News Release

Workshop of feedback experience with systems / システムによるフィードバック体験ワークショップ

On February 15, 1st-year master’s student Momoka Furuhashi conducted a workshop for students at Sakata Koryo High School, Yamagata, in collaboration with Toru Nagahama, an Associate Professor of the Graduate School of Information Sciences, Tohoku University.

2月15日に山形県立酒田光陵高校の学生の皆さんに向けて、古橋萌々香(修士1年)が情報科学研究科の長濱澄准教授と連携してワークショップを行いました。

open
2024 Feb.19
News Release

A quiz-based Japanese QA system competition: AIO / AI王 〜クイズAI日本一決定戦〜 開催

A quiz-based Japanese QA system competition named “AIO” was held on January 26, 2024.

クイズを題材にした日本語質問応答システムのコンペティション「AI王 〜クイズAI日本一決定戦〜」の第4回最終報告会が 2024年1月26日 (金) に開催されました。

Tohoku NLP のメンバー(鈴木潤教授、赤間怜奈助教、鈴木正敏、田中涼太、有山知希、鴨田豪、羽根田賢和)が運営に携わりました。

参加チームによるシステム報告をはじめ、クイズ王とAI王のエキシビジョンも行われました。たくさんのご参加ありがとうございました!

また、メディア取材によるニュースも公開されていますので、併せてご覧ください:

open
2024 Feb.16
News Release

Presentation at Akatsuki Project / Akatsuki プロジェクト最終報告会登壇

The following presentations were given at the Akatsuki Project Final Meeting held on February 15th.

2月15日に開催された Akatsuki プロジェクト最終報告会にて下記の発表を行いました。

  • 亀井遼平
    “自然言語処理技術を用いた教員支援”
  • 鴨田豪
    “MeetLogAI 〜BioHistory〜”
open
2024 Feb.15
News Release

Master thesis final defense / 修士論文本審査会が行われました

Master students Yoichi Aoki, Tomoki Ariyama, Guerraoui Camélia Kenza, Kazuma Kokuta, Fuka Narita, Masaki Sakata, Subaru Kimura, Masahiro Makino, Shiono Daiki and Mengyu Yo defended their Master theses (25min presentation, 15min discussion). Great work, everyone!

研究室メンバーに見守られる中、青木洋一さん、有山知希さん、Guerraoui Camélia Kenzaさん、 穀田一真さん、工藤彗音さん、成田風香さん、坂田将樹さん、木村昴さん、牧野雅紘さん、塩野大輝さん、葉夢宇さんの修士論文本審査会(発表25分、試問15分)が行われました。皆さん、おつかれさまでした!

open
2024 Feb.15
News Release

Doctoral defenses / 博士論文本審査会が行われました

Doctoral student Shiki Sato had his doctoral defense with lab members in the audience. He took 50 minutes to present the culmination of his work, with 35 more minutes for questions and comments. Great job!

研究室メンバーに見守られる中、佐藤志貴さんの博士論文本審査会(発表50分、試問35分)が行われました。研究の集大成がまとめられた、濃い85分間でした。
佐藤さん、おつかれさまでした!

open
2024 Feb.13
News Release

Alumni Interview “MY DECISION” Updated / Alumni インタビュー「MY DECISION」更新

The interview of Tomoya Mizumoto (Ph.D. acquired in 2015) is now available on “MY DECISION.”

「MY DECISION」に、水本智也さん(2015年博士後期課程修了)のインタビューを公開しました。

open
2024 Feb.07
News Release

Talk at NLP Colloquium / NLPコロキウムにてトークを行いました

Ph.D. student Goro Kobayashi gave a talk at NLP Colloquium held on February 7th.

2月7日に開催されたNLPコロキウムにて、小林悟郎(博士2年)が『Transformer言語モデルを内部挙動から理解する』のタイトルでトークを行いました。

open
2024 Feb.05
News Release

Presentation at the 2nd Akatsuki Conference / 第2回Akatsuki カンファレンス登壇

Master’s student Go Kamoda gave a presentation entitled “ValueChat” at the 2nd Akatsuki conference held on February 5th.

鴨田豪(修士1年)が2月5日に開催された第2回Akatsuki カンファレンスにて、「ValueChat ~日常の会話から価値を生む~」という題で発表を行いました。

open
2024 Jan.25
News Release

Acceptance to EACL 2024 SRW / EACL 2024 SRW 採択

The following papers have been accepted to The EACL 2024 Student Research Workshop (EACL 2024 SRW).

EACL 2024 SRW に下記の論文が採択されました。

Archival Submissions

  • Naoki Miura, Hiroaki Funayama, Seiya Kikuchi, Yuichiroh Matsubayashi, Yuya Iwase, Kentaro Inui.
    “Japanese-English Sentence Translation Exercises Dataset for Automatic Grading”
  • Masahiro Makino, Yuya Asazuma, Shota Sasaki, Jun Suzuki.
    “The Impact of Integration Step on Integrated Gradients”

Non-Archival Submissions

  • Yukiko Ishizuki*, Daiki Shiono*, Ana Brassard, Jun Suzuki (*equal contributions).
    “Exploring Large Language Models’ Understanding of Shitsukan”
open
2024 Jan.25
Talk

2024.1.25 MiCS: Dr. Hideto Kazawa / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):賀沢秀人氏ご講演

Dr. Hideto Kazawa from Google DeepMind gave a talk entitled “LLM as a foundation for AI.” (MiCS)

Google DeepMindの賀沢秀人氏に、「LLM as a foundation for AI / AIの基盤としてのLLM」という表題でご講演いただきました。 (MiCS)

open
2024 Jan.23
Talk

Talk at CAPE Lecture / 京都大学 応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)レクチャーにてトークを行いました

Assistant Professor Sho Yokoi gave a talk at the Center for Applied Philosophy & Ethics(CAPE) Lecture at the Graduate School of Letters, Kyoto University, on January 22nd.

1月22日に開催された京都大学 応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)レクチャーにて、横井祥助教が『「確率的なオウム」にできること、またそれがなぜできるのかについて』のタイトルでトークを行いました。

open
2024 Jan.22
News Release

The Linguistics Fest 2024 / 言語学フェス2024

The following works were presented at The Linguistics Fest 2024 held online on January 20.

2024年1月20日にオンラインで開催された言語学フェス2024において下記の発表を行いました。

  • 松﨑孝介
    “新しい動詞活⽤辞書 ⽇本語UniMorphの紹介”
  • 谷口雅弥
    “範疇文法の計算論的性質の解明”
open
2024 Jan.19
News Release

Talk at Kotoba Tech Seminar Series / Kotoba Tech Seminar Series にてトークを行いました

Master’s student Hiroto Kurita gave a talk entitled “Deep State Space Models 101 / Mamba” at Kotoba Tech Seminar Series, held on January 19th.

1月19日に開催された Kotoba Tech Seminar Series にて、栗田宙人(修士2年)が『深層状態空間モデル・Mamba 入門 』というタイトルでトークを行いました。

open
2024 Jan.19
Talk

2024.1.19 MiCS: Prof. Satoshi Tojo / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):東条敏教授ご講演

Prof. Satoshi Tojo from Asia University gave a talk entitled “Modal logical expressions of tense, phase, and subjunctive.” (MiCS)

亜細亜大学の東条敏教授に、「時制・相・接続法の様相論理表現」という表題でご講演いただきました。(MiCS)

open
2024 Jan.17
News Release

Acceptance to ICLR 2024 / ICLR 2024 採択

The following paper has been accepted for spotlight presentation at The Twelfth International Conference on Learning Representations (ICLR 2024).

ICLR 2024 に下記の論文が spotlight presentation で採択されました。

  • Goro Kobayashi, Tatsuki Kuribayashi, Sho Yokoi and Kentaro Inui
    “Analyzing Feed-Forward Blocks in Transformers through the Lens of Attention Map”
open
2024 Jan.12
Talk

2024.1.12 MiCS: Dr. Yoshinari Fujinuma / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):藤沼祥成氏ご講演

Dr. Yoshinari Fujinuma from AWS AI Labs gave a talk entitled “Recent Trends in Multilingual NLP focusing on Visually-Rich Documents and a Retrospective on my US PhD.” (MiCS)

AWS AI Labs 藤沼祥成氏に、「Recent Trends in Multilingual NLP focusing on Visually-Rich Documents and a Retrospective on my US PhD」という表題でご講演いただきました。(MiCS)

open
2023 Dec.27
News Release

Acceptance to HELMeTO 2023 / HELMeTO 2023 採択

The following paper has been accepted to HELMeTO 2023.

HELMeTO 2023 に下記の論文が採択されました。

  • Yuya Asazuma, Hiroaki Funayama, Yuichiroh Matsubayashi, Tomoya Mizumoto, Paul Reisert and Kentaro Inui.
    “Take No Shortcuts! Stick to the Rubric: A Method for Building Trustworthy Short Answer Scoring Models”
open
2023 Dec.19
News Release

Lecture given at the seminar held at the Service Industry Support Consortium, Tohoku Bureau of Economy, Trade and Industry / 東北経済産業局 工業系支援機関ネットワーク研修会 講演

Assistant Professor Reina Akama gave a short lecture titled “Natural Language Processing Technologies Supporting Generative AI and Related Trends” at the seminar held at the Service Industry Support Consortium, Tohoku Bureau of Economy, Trade and Industry on December 12.

12月12日に行われた東北経済産業局 工業系支援機関ネットワーク研修会において、赤間怜奈助教が「生成AIを支える自然言語処理技術と周辺動向」のタイトルで講演を行いました。

open
2023 Dec.19
Talk

2023.12.15 MiCS: Dr. Tomoya Mizumoto / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):水本智也氏ご講演

Dr. Tomoya Mizumoto from LINE gave a talk entitled “Diverse Life, diverse NLP.”

LINEヤフー株式会社水本智也氏に、「人生いろいろ NLPいろいろ」という表題でご講演いただきました。(MiCS

open
2023 Dec.18
News Release

Publication in the Journal of Natural Language Processing Volume 30 Number 4 / 自然言語処理 30巻4号 発行

The following article has been included in the Journal of Natural Language Processing Volume 30 Number 4.

下記の論文が採録された『自然言語処理』30巻4号が発行されました。

  • 松本悠太, Benjamin Heinzerling, 吉川将司, 乾健太郎
    “ニューラル数式ソルバーにおける途中結果の追跡と操作”
open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes