TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾研究室TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾研究室

MENU

Natural Language Processing

Explore Human & Machine Thinking

Notifications【お知らせ】

2021 Sep.20

オンライン研究室見学会

以下の日程でオンライン研究室見学会をおこないます。
乾研究室への配属を考えている方・興味のある方は、是非この機会をご利用ください。

皆様のご参加をお待ちしています!

日程

  • 9月28日(火) 8:50~9:35
  • 9月28日(火) 9:35~10:20
  • 9月28日(火) 10:30~11:15
  • 9月28日(火) 11:15~12:00
  • 9月29日(水) 8:50~9:35
  • 9月29日(水) 9:35~10:20
  • 9月29日(水) 10:30~11:15
  • 9月29日(水) 11:15~12:00

両日とも午後は対面見学会を予定しています。参加希望を出してくださった皆さん、研究室でお会いしましょう!(オンライン見学会は予約不要です)

内容

  1. 研究室紹介(30分)
    • 乾教授による挨拶・紹介
    • 皆さんからの質問に答える形で進めます。何でも聞いてください!
  2. 希望者は所属学生と交流(15分。参加は任意、延長も可)
    • 教員抜きで何でも気軽に相談・質問OK!


当日はこちらのリンクからご参加ください: 乾研究室 オンライン研究室見学会(Zoom)

関連情報

東北大学の学部生で乾研究室への配属を考えている方は、学部3年生向け研究室紹介をご覧ください。
特に、『東北大学 乾・鈴木研究室への配属を検討しているみなさんへ』は是非ご一読いただければと思います。

2021 Jul.21

研究員または特別研究員募集(理研AIP 自然言語理解チーム)

乾健太郎教授がチームリーダーを務める理化学研究所革新知能統合研究センター目的指向基盤技術研究グループ自然言語理解チームで、研究員または特別研究員2名を募集いたします。
詳細は以下のページをご確認ください。

News【ニュース】

2021 Sep.21
News Release

東北大学オンラインオープンキャンパス2021

9月19日から20日にかけて、東北大学オープンキャンパスが開催されました。
今年も昨年に引き続き「オンラインオープンキャンパス」として開催され、乾研究室も以下の展示をおこないました。

open
2021 Sep.20
News Release

Acceptance to ArgMining 2021 / ArgMining 2021 採択

The following paper has been accepted to The 8th Workshop on Argument Mining 2021 (ArgMining 2021).

ArgMining 2021 に下記の論文が採択されました。

  • Keshav Singh, Farjana Sultana Mim, Naoya Inoue, Shoichi Naito and Kentaro Inui.
    “Exploring Methodologies for Collecting High-Quality Implicit Reasoning in Arguments”
open
2021 Sep.20
News Release

Acceptance to CSKB / CSKB 採択

The following paper has been accepted to The workshop on Commonsense Reasoning and Knowledge Bases (CSKB).

CSKB に下記の論文が採択されました。

  • Ana Brassard, Benjamin Heinzerling, Pride Kavumba and Kentaro Inui.
    “COPA-SSE: Semi-Structured Explanations for Commonsense Reasoning”
open
2021 Sep.01
News Release

Selected as IPSJ Research Group Recommended Doctoral Dissertation / 情報処理学会 2020年度 研究会推薦博士論文

The following doctoral dissertation has been selected as IPSJ research group recommended doctoral dissertation.

赤間怜奈助教の下記の博士論文が、情報処理学会 2020年度 研究会推薦博士論文に選出されました。

  • 赤間 怜奈
    “Data-oriented Approaches for Improving Neural Dialogue Generation (ニューラル対話応答生成の性能向上のためのデータ駆動アプローチ)”
open
2021 Sep.01
News Release

16th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) / NLP若手の会 (YANS) 第16回シンポジウム

The following works were presented at The 16th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) held online on August 30th and 31st.

2021年8月30日と31日にオンラインで行われたNLP若手の会 (YANS) 第16回シンポジウムにおいて、Tohoku NLP メンバーが携わる下記14件の研究発表がおこなわれました。

8/30(月)

ポスターセッション (1) 13:30-15:00

  • [P1-03] 非線形モジュールの加法分解に基づくTransformerレイヤーの解析
    ○小林悟郎(東北大),栗林樹生(東北大/Langsmith),横井祥(東北大/理研),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P1-06] 文法誤りの訂正難易度の判別における人とシステムの一致調査
    ○五藤巧(NAIST),永田亮(甲南大/理研AIP),三田雅人(理研AIP/東北大)
  • [P1-09] 数量推論モデルに対する人工データを活用した表層的な手がかりに頑健な評価法の検討
    ○工藤慧音(東北大),青木洋一(東北大),吉川将司(東北大/理研AIP),乾健太郎(東北大/理研AIP)
  • [P1-12] Rustによる単語分割器の実装とWebAssemblyへの応用
    ○赤部晃一(LegalForce),髙橋諒(LegalForce),真鍋陽俊(LegalForce),小田悠介(LegalForce/東北大)

8/31(火)

ポスターセッション (2) 10:30-12:00

  • [P2-04] ニューラル言語モデルによる一対多関係知識の表現と獲得
    ○長澤春希(東北大),Benjamin Heinzerling(理研/東北大),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P2-05] BERTの世界知識はどこにある?学習済み言語モデルにおける知識の局所性を解明する
    ○有山知希(東北大),Benjamin Heinzerling(理研/東北大),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P2-10] Towards Detecting Errors of Chat Translation: Evaluating Translated Chat with Classifiers and Building Auto-Evaluatable Translation Chat System
    ○李云蒙(東北大),阿部香央莉(東北大),徳久良子(東北大),森下睦(NTT/東北大),鈴木潤(東北大/理研),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P2-14] 日本語学習者支援のための敬語誤り訂正タスクの提案
    ○北山晃太郎(東北大),松本悠太(東北大),舟山弘晃(東北大/理研),松林優一郎(東北大/理研),三田雅人(理研/東北大),乾健太郎(東北大/理研)
  • [P2-16] 訂正前後の情報を活用した解説文生成手法の検討
    ○地道邦顕(甲南大),永田亮(甲南大/JSTさきがけ),塙一晃(理研/東北大)

ポスターセッション (3) 13:30-15:00

  • [P3-01] 指数型分布族による単語分散表現の特徴付け
    ○大山百々勢(京大),横井祥(東北大/理研AIP),下平英寿(京大/理研AIP)
  • [P3-02] 単語頻度を考慮した埋込空間の白色化の効能
    ○横井祥(東北大/理研),下平英寿(京大/理研)

ポスターセッション (4) 15:30-17:00

  • [P4-01] 量子論理に基づく単語埋込集合間の論理演算
    ○石橋陽一(NAIST),横井祥(東北大/理研),須藤克仁(NAIST/JSTさきがけ),中村哲(NAIST)
  • [P4-04] Self-AttentionとFused Gromov–Wasserstein距離に基づく文類似度計算
    ○山際宏明(京大),横井祥(東北大/理研),下平英寿(京大/理研)
  • [P4-10] 情報量に基づく日本語項省略の分析
    ○石月由紀子(東北大),栗林樹生(東北大/Langsmith),松林優一郎(東北大/理研),大関洋平(東大/理研)
open
2021 Aug.26
News Release

Acceptance to EMNLP 2021 / EMNLP 2021 採択

The following papers have been accepted to The 2021 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2021).

EMNLP 2021 に下記の論文が採択されました。

Main Conference

  • Kazuaki Hanawa, Ryo Nagata and Kentaro Inui.
    “Exploring Methods for Generating Feedback Comments for Writing Learning”
  • Shun Kiyono, Sosuke Kobayashi, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Shifted Absolute Position Embeddings for Transformers”
  • Ryuto Konno, Shun Kiyono, Yuichiroh Matsubayashi, Hiroki Ouchi and Kentaro Inui.
    “Pseudo Zero Pronoun Resolution Improves Zero Anaphora Resolution”
  • Goro Kobayashi, Tatsuki Kuribayashi, Sho Yokoi and Kentaro Inui.
    “Incorporating Residual and Normalization Layers into Analysis of Masked Language Models”
  • Naoya Inoue, Harsh Trivedi, Steven Sinha, Niranjan Balasubramanian and Kentaro Inui.
    “Summarize-then-Answer: Generating Concise Explanations for Multi-hop Reading Comprehension”
  • Kosuke Yamada, Yuta Hitomi, Hideaki Tamori, Ryohei Sasano, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui and Koichi Takeda.
    “Transformer-based Lexically Constrained Headline Generation”
open
2021 Aug.19
News Release

Press release / プレスリリース公開 “言葉を処理するAIは人のように「読み滞る」か 高性能なAIと人の認知の間に乖離を確認”

A press release for our work has been published.

東北大学より、栗林樹生(博士2年)、伊藤拓海(博士2年)、乾健太郎教授らの研究成果に関するプレスリリースが公開されました。

Publication Details:
 Title: Lower Perplexity is Not Always Human-Like
 Authors: Tatsuki Kuribayashi, Yohei Oseki, Takumi Ito, Ryo Yoshida, Masayuki Asahara, Kentaro Inui
 Conference: The Joint Conference of the 59th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 10th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACLI-JCNLP 2021)

open
2021 Aug.19
News Release

The Joint Conference of the 59th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 11th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2021)

The following papers were presented at the Joint Conference of the 59th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 11th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2021) main conference and student research workshop, held online from August 1st to 6th.

8月1日からオンラインで開催された ACL-IJCNLP 2021 および併催ワークショップにて、下記3件の発表をおこないました。

Main Conference:

  • Tatsuki Kuribayashi, Yohei Oseki, Takumi Ito, Ryo Yoshida, Masayuki Asahara and Kentaro Inui.
    “Lower Perplexity is Not Always Human-Like”

Student Research Workshop:

  • Riki Fujihara, Tatsuki Kuribayashi, Kaori Abe and Kentaro Inui.
    “Topicalization in Language Models: A Case Study on Japanese”
  • Masahiro Naito, Sho Yokoi, Geewook Kim, Hidetoshi Shimodaira.
    “Revisiting Additive Compositionality: AND, OR and NOT Operations with Word Embeddings”
open
2021 Jul.28
News Release

Excellent Research Award at the 249th IPSJ NLP Conference / 情報処理学会 第249回自然言語処理研究会 優秀研究賞受賞

2nd year Master student Shun Sato received an Excellent Research Award at the 249th IPSJ NLP Conference. Congratulations!

情報処理学会 第249回自然言語処理研究会にて、佐藤俊(修士2年)らの下記の研究が優秀研究賞を受賞しました。おめでとうございます!

  • 佐藤俊, 大内啓樹, 塙一晃, 佐々木翔大, 乾健太郎
    “事例ベース推論を行うニューラルモデルの説明性とハブ現象の関係”

open
2021 Jul.28
News Release

249th IPSJ Natural Language Processing Conference / 情報処理学会 第249回自然言語処理研究会 (NL)

The following works were presented at the 249th IPSJ NLP Conference held on July 27th and 28th.

7月27日から28日にかけて開催された情報処理学会 第249回自然言語処理研究会にて、下記の発表をおこないました。

  • 阿部香央莉, 北山晃太郎, 松田耕史, 吉川将司, 乾健太郎
    “大規模言語モデルの語彙的関係知識推定における日英間の比較調査”
  • 佐藤俊, 大内啓樹, 塙一晃, 佐々木翔大, 乾健太郎
    “事例ベース推論を行うニューラルモデルの説明性とハブ現象の関係”
open
2021 Jul.20
News Release

Doctoral defenses / 博士論文本審査会が行われました

Two doctoral defenses were held online today. 3rd-year doctoral students, Sosuke Kobayashi and Masato Mita, defended their theses before the lab members. They each took 50 minutes to present their 6 years of work since their senior year of college, and 35 minutes for Q&A session, which was fruitful 85 minutes. Great Job!

研究室メンバーに見守られる中、博士3年の三田雅人さん、小林颯介さんの博士論文本審査会(発表50分、試問35分)が行われました。学部4年から博士後期課程3年までの6年間の研究の集大成がまとめられた、濃い85分間でした。
三田さん、小林さん、おつかれさまでした!

open
2021 Jul.20
News Release

Received Best Presentation Awards at the 25th Doctoral Student Presentations / 第25回博士後期課程学生発表会ベストプレゼンテーション賞受賞

2nd-year Doctoral student Makoto Morishita received the Best Presentation Award at the 25th Doctoral Student Presentations held on July 16. Congratulations!

7月16日に開催された第25回博士後期課程学生発表会にて、森下睦(博士課程2年)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。おめでとうございます!

open
2021 Jun.28
News Release

Publication in the Journal of Natural Language Processing Volume 28 Number 2 / 自然言語処理 28巻2号 発行

The following article has been included in the Journal of Natural Language Processing Volume 28 Number 2.

下記の論文が採録された『自然言語処理』28巻2号が発行されました。

  • 藤井諒, 三田雅人, 阿部香央莉, 塙一晃, 森下睦, 鈴木潤, 乾健太郎
    “機械翻訳モデルの頑健性評価に向けた言語現象毎データセットの構築と分析”
  • 小林颯介, 横井祥, 鈴木潤, 乾健太郎
    “訓練事例の影響の軽量な推定”
open
2021 Jun.28
News Release

Acceptance to IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing / IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing 採択

The following paper has been accepted to the IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing.

IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing に下記の論文が採択されました。

  • Farjana Sultana Mim, Naoya Inoue, Paul Reisert, Hiroki Ouchi, and Kentaro Inui.
    “Corruption Is Not All Bad: Incorporating Discourse Structure into Pre-training via Corruption for Essay Scoring”
open
2021 Jun.25
News Release

AMMT Nagao Award / AAMT長尾賞を受賞

Team Tohoku-AIP-NTT recieved the AMMT Nagao Award. Congratulations!

Team Tohoku-AIP-NTT at WMT-2020 (メンバー:清野 舜, 伊藤 拓海, 今野 颯人, 森下 睦, 鈴木 潤)が、AAMT長尾賞を受賞しました。
おめでとうございます!

open
2021 Jun.20
News Release

The 3rd 0x-seminar / 第3回 0x セミナー

Assistant Professor Sho Yokoi gave a lecture at the 3rd 0x-seminar.

6月19日から20日にかけて開催された第3回 0x セミナー「最適輸送の情報科学における進展」にて、横井祥助教が『最適輸送の使い方』という題目で講演を行いました。

open
2021 Jun.15
News Release

The 2021 Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics (NAACL 2021)

The following works have been presented at The 2021 Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics (NAACL 2021) main conference, held online from June 6th to June 11th.

2021年6月6日から6月11日にかけてオンラインで開催された NAACL 2021 において、下記2件の発表を行いました。

Main Conference:

  • Pride Kavumba, Benjamin Heinzerling, Ana Brassard and Kentaro Inui.
    “Learning to Learn to be Right for the Right Reasons”
  • Sho Takase and Shun Kiyono.
    “Rethinking Perturbations in Encoder-Decoders for Fast Training”
open
2021 Jun.15
News Release

The 35th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2021 / 2021年度 人工知能学会全国大会 (第35回)

The following three presentations have been given at The 35th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2021 (JSAI2021) held online from June 8 to 11.

2021年6月8日から11日にかけてオンラインで行われた2021年度 人工知能学会全国大会 (第35回)(JSAI2021)において、下記の3件の研究発表をおこないました。

6/10(木)

11:20 〜 11:40 J会場 (GS会場 5) [3J2-GS-6b] 言語メディア処理:対話

  • [3J2-GS-6b-02] 対話システムの先読み能力実現に向けた未来の展開まで生成する学習戦略の提案と分析
    〇岸波 洋介 (東北大), 赤間 怜奈 (東北大/理研), 佐藤 志貴 (東北大), 鈴木 潤 (東北大/理研), 徳久 良子 (東北大), 乾 健太郎 (東北大/理研)

6/11(金)

13:40 〜 14:00 J会場 (GS会場 5) [4J3-GS-6f] 言語メディア処理:データセットとその利用

  • [4J3-GS-6f-01] 複単語表現の意味計算を要する文類似度評価データの構築
    〇神戸 隆志 (東北大), 横井 祥 (東北大/理研), 吉川 将司 (東北大/理研), 乾 健太郎 (東北大/理研)

16:20 〜 16:40 I会場 (GS会場 4) [4I4-GS-7e] 画像音声メディア処理:応用

  • [4I4-GS-7e-03] 動画キーフレーム物語生成タスクの提案とデータセットの構築
    〇北山 晃太郎 (東北大), 鈴木 潤 (東北大/理研), 清水 伸幸 (ヤフー株式会社)
open
2021 Jun.15
News Release

Information Processing Society Tohoku Branch Student Encouragement Award / 情報処理学会東北支部学生奨励賞受賞

1st year Master student Yosuke Kishinami recieved the Information Processing Society Tohoku Branch Student Encouragement Award. Congratulations!

岸波洋介(修士1年)が情報処理学会東北支部学生奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!

open
2021 Jun.04
News Release

Text Assessment System Provides Automatic Scoring Functionality for Online Learning /「記述式をAI採点する現代文トレーニング」をリリース

An automatic text scoring system developed at RIKEN Center for Advanced Intelligence Project (AIP) will provide automatic scoring functionality in an online course, starting July 2021 by Yoyogi Seminar (SAPIX YOZEMI GROUP). The automatic text scoring system is based on machine learning and was developed by the Natural Language Understanding Team led by Prof. Kentaro Inui at RIKEN AIP.

This is the result of joint research started in 2017, and laboratory members Hiroaki Funayama (2nd-year master’s student) and Yoriko Isobe (technical staff) made an outstanding contribution.

For more information on the automatic text scoring technology developed by the Natural Language Understanding Team, please refer to Pressrelease by Yoyogi Seminar (Japanese) and Pressrelease by RIKEN AIP (English).

学校法⼈⾼宮学園代々⽊ゼミナールは、乾健太郎教授がリーダーを務める理研 AIP 自然言語理解チームが開発した「記述式AI採点の技術」を活用し、現代文における記述式問題の自動採点を含む高校生向けトレーニング教材の提供を2021年7月に開始します。

これは2017年度より開始した共同研究の成果で、研究室メンバーの舟山弘晃(修士2年)と磯部順子(テクニカルスタッフ)が大きく貢献しました。

詳細は代々木ゼミナールの報道発表資料(外部サイト)および理研 AIP プレスリリース(外部サイト)をご覧ください。

open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes
Close