TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾・鈴木研究室TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾・鈴木研究室

MENU

Natural Language Processing

Explore Human & Machine Thinking

Notifications【お知らせ】

2018 Sep.19

研究員の公募(理研AIP・自然言語処理チーム)

理化学研究所・革新知能統合研究センター(理研AIP)の「自然言語理解チーム(チームリーダー:乾健太郎)」では自然言語処理分野の研究員・特別研究員を数名程度2017年に引き続き募集しています。詳細はこちら。多方面からのご応募をお待ちしています。

News【ニュース】

2019 Apr.16
News Release

2018年度アドバンス創造工学研修ポスターセッション

文部科学省「理数学生育成支援事業」東北大学StepQIスクール受講生で、TAの赤間怜奈(博士1年)・栗林樹生(修士1年)と本研究室で研究を進めてきた内山香(学部4年)・武藤由依(学部2年)が創造工学研修ポスターセッションに参加しました。

open
2019 Apr.03
News Release

Acceptance to ESSP / ESSP 採択

The following papers have been accepted to The Workshop on extracting structured knowledge from scientific publications (ESSP) at NAACL2019.

The Workshop on extracting structured knowledge from scientific publications (ESSP) at NAACL2019に下記の論文が採択されました。

  • Qin Dai, Naoya Inoue, Paul Reisert, Ryo Takahashi and Kentaro Inui
    “Distantly Supervised Biomedical Knowledge Acquisition via Knowledge Graph Based Attention.”
  • Hono Shirai, Naoya Inoue, Jun Suzuki and Kentaro Inui
    “Annotating with Pros and Cons of Technologies in Computer Science Papers”
open
2019 Apr.03
News Release

Acceptance to AIED2019 / AIED2019 採択

The following papers have been accepted to The 20th International Conference on Artificial Intelligence in Education).

The 20th International Conference on Artificial Intelligence in Education)に下記の論文が採択されました。

  • Paul Reisert, Gisela Vallejo, Naoya Inoue, Iryna Gurevych and Kentaro Inui.
    “An Annotation Protocol for Collecting User-Generated Counter-Arguments using Crowdsourcing.”
open
2019 Apr.01
News Release

Field name change / 分野名変更

The Inui-Suzuki Laboratory has changed the name of its field from “Communication Science” to “Natural Language Processing”.

乾・鈴木研究室は情報伝達学分野(Communication Science)から自然言語処理学分野(Natural Language Processing)に分野名を変更いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

open
2019 Mar.27
Blog

Kick-out party / 追い出しコンパ

We held a kick-out party for departing lab members. They received cards filled with messages from the lab members, and shared their warm memories. We wish you every success!

研究室メンバーの追い出しコンパを行いました。旅立っていく仲間に、みんなからメッセージカードも渡され、楽しく思い出を語らいました。益々のご活躍を祈念いたします。

open
2019 Mar.27
News Release

Graduation Ceremony / 学位記授与式

Congratulations on your graduation. We wish you every success in the future!

ご卒業・ご修了おめでとうございます。これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

open
2019 Mar.27
News Release

Tohoku University President’s Award and Director of Engineering Award received / 東北大学総長賞、工学部長賞 受賞

4th year Undergraduate students Ryo Fujii and Shiki Sato received the Tohoku University President’s Award and the Director Of Engineering Award, respectively. Congratulations!

藤井諒(学部4年)が東北大学総長賞、佐藤志貴(学部4年)が工学部長賞を受賞しました。おめでとうございます!

open
2019 Mar.15
News Release

Language Resource Award received at NLP2019 / 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)、言語資源賞を受賞

Professor Kentaro Inui recieved the Language Resource Award at NLP2019. Congratulations!

言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)にて乾健太郎教授が言語資源賞を受賞しました。おめでとうございます!

  • 永田亮 (甲南大/さきがけ/理研AIP), 石川慎一郎 (神戸大), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
    “解説文生成研究のためのライティング技術解説付き学習者コーパス”

open
2019 Mar.15
News Release

Excellence Award and Young Researcher Encouragement Award received at NLP2019 / 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)、優秀賞・若手奨励賞を受賞

2nd year Master student Shun Kiyono received the Excellence Award, and 1st year PhD student Reina Akama and 1st year Master student Tatsuki Kuribayashi received Young Researcher Encouragement Awards at [NLP2019]((http://www.anlp.jp/nlp2019/). Congratulations!

言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)にて下記発表を行い、清野舜(修士2年)ら乾・鈴木研究室メンバーが優秀賞を、赤間怜奈(博士1年)、栗林樹生(修士1年)が若手奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!

優秀賞:

  • 清野舜, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
    “ExpertとImitatorの混合ネットワークによる大規模半教師あり学習”

若手奨励賞:

  • 赤間怜奈
    “独立発話の繋ぎ合わせによる発話-応答ペアの獲得”
  • 栗林樹生
    “言語モデルを用いた日本語の語順評価と基本語順の分析”

open
2019 Mar.15
News Release

Best Poster Awards and Excellent Poster Awards received at NLP2019 / 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)、最優秀ポスター賞・優秀ポスター賞を受賞

Researcher Koji Matsuda, 1st year PhD student Reina Akama, and 2nd year Undergraduate student (Step QI) Yui Muto recieved Best Poster Awards, and 2nd year Master student Hiroki Asano and 3rd year Undergraduate student Kotaro Kitayama recieved Excellent Poster Awards at NLP2019. Congratulations!

言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)にて下記発表を行い、松田耕史(研究員)、赤間怜奈(博士1年)、武藤由依(学部2年・StepQI受講生)が最優秀ポスター賞を、浅野広樹(修士2年)、北山晃太郎(学部3年)が優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

最優秀ポスター賞:

  • 松田耕史
    “Wikidataからの遠距離教師あり学習に基づく大規模関係知識獲得”
  • 赤間怜奈
    “独立発話の繋ぎ合わせによる発話-応答ペアの獲得”
  • 武藤由依
    “独立発話の繋ぎ合わせによる発話-応答ペアの獲得”

優秀ポスター賞:

  • 浅野広樹
    “文法誤り訂正における反復訂正の効果検証”
  • 北山晃太郎
    “画像/言語同時埋め込みベクトル空間の構築に向けた埋め込み粒度の比較検討”

open
2019 Mar.11
News Release

NLP2019 / 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)

The following works were presented at NLP2019 held in Nagoya from March 11 to 15.

2019年3月11日から15日にかけて名古屋大学で行われた言語処理学会第25回年次大会(NLP2019)で以下の発表を行いました。

3/13(水)

D1:意味解析(1)   3月13日(水) 10:50-12:10 ES022

  • D1-2 前方文脈の埋め込みを利用した日本語述語項構造解析
    ○今野颯人 (東北大), 松林優一郎, 大内啓樹 (理研AIP/東北大), 清野舜, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

E1:知識獲得・情報抽出(1)   3月13日(水) 10:50-12:10 ES024

  • E1-4 End-to-End Scientific Knowledge Graph Completion via Word Embedding based Entity Type Classification
    ○◊Qin Dai (東北大), Naoya Inoue (東北大/理研AIP), Paul Reisert (理研AIP), Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

C2:言語資源(1)   3月13日(水) 14:30-16:10 ES021

  • C2-5 A Crowdsourceable Protocol for Collecting User-Generated Counter-Arguments
    ○◊Paul Anthony Reisert (理研AIP), Naoya Inoue, Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

D2:意味解析(2)   3月13日(水) 14:30-16:10 ES022

  • D2-1 意味役割付与におけるトランズダクティブ分野適応
    ○大内啓樹 (理研AIP/東北大), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

A3:埋め込み表現(1)   3月13日(水) 16:30-17:50 IB大講義室

  • A3-1 サブワードに基づく単語分散表現の縮約モデリング
    ○佐々木翔大 (東北大), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • A3-2 Exploring Supervised Learning of Hierarchical Event Embedding with Poincaré Embeddings
    ○◊Pride Kavumba (東北大), Naoya Inoue, Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

F3:言語処理応用   3月13日(水) 16:30-17:50 ES025

  • F3-3 確率木置換文法と分散表現に基づくレシピ構造木の生成モデルの学習
    ○吉成未菜里 (東北大), 横井祥 (東北大/理研AIP), 進藤裕之 (NAIST/理研AIP), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • F3-4 顕現的要素の出現順序に基づく物語の類似性尺度
    ○大竹孝樹 (東北大), 横井祥, 井之上直也, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

3/14(木)

P1:ポスター(1)   3月14日(木) 10:20-11:50

  • P1-37 採点基準を利用した記述式答案の自動採点
    ○◊王天奇, 井之上直也 (東北大/理研AIP), 水本智也 (理研AIP), 大内啓樹 (理研AIP/東北大), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

P3:ポスター(2)   3月14日(木) 13:00-14:30

  • P3-17 文法誤り訂正における反復訂正の効果検証
    ○浅野広樹, 鈴木潤 (東北大/理研AIP), 水本智也 (理研AIP), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • P3-38 Wikidataからの遠距離教師あり学習に基づく大規模関係知識獲得
    ○松田耕史, 鈴木正敏 (東北大), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

3/15(金)

B5:生成   3月15日(金) 9:00-10:20 IB015

  • B5-3 フレーズ単位の発話応答ペアを用いた対話応答生成の多様化
    ○佐藤志貴 (東北大), 大内啓樹 (理研AIP/東北大), 井之上直也, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • B5-4 ライティング支援を想定した情報補完型生成
    ○伊藤拓海, 栗林樹生 (東北大/Langsmith), 小林隼人 (ヤフー/理研AIP), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

C5:言語資源(2)   3月15日(金) 9:00-10:20 ES021

  • C5-2 文法誤り訂正のコーパス横断評価 : 単一コーパス評価で十分か?
    ○三田雅人 (理研AIP/東北大), 水本智也 (理研AIP), 金子正弘 (首都大/理研AIP), 永田亮 (甲南大/理研AIP), 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

D5:談話理解   3月15日(金) 9:00-10:20 ES022

  • D5-1 複数の言語単位に対するスパン表現を用いた論述構造解析
    ○栗林樹生 (東北大), 大内啓樹 (理研AIP), 井之上直也 (東北大), Paul Reisert, 三好利昇 (理研AIP), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大)
  • D5-2 A Crowdsourceable Protocol for Annotating Multi-Hop QA with Reasoning Steps
    ○Naoya Inoue (東北大/理研AIP), Pontus Stenetorp (UCL/理研AIP), Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

E5:機械学習   3月15日(金) 9:00-10:20 ES024

  • E5-1 ExpertとImitatorの混合ネットワークによる大規模半教師あり学習
    ○清野舜, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • E5-2 強化学習によるプログラム生成のためのプログラム系列分析
    ○佐藤拓海 (東北大), 大内啓樹 (理研AIP/東北大), 松田耕史, 鈴木正敏 (東北大), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

P5:ポスター(3)   3月15日(金) 10:40-12:10

  • P5-5 言語モデルを用いた日本語の語順評価と基本語順の分析
    栗林樹生, 伊藤拓海, ○内山香, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大)
  • P5-30 独立発話の繋ぎ合わせによる発話-応答ペアの獲得
    赤間怜奈 (東北大/理研AIP), ○武藤由依 (東北大), 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • P5-37 計算機科学論文における手法の利点・欠点に着目したデータの構築と分析
    ○白井穂乃 (東北大), 井之上直也, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • P6-11 出力長制御を考慮した見出し生成モデルのための大規模コーパス
    ○人見雄太, 田口雄哉, 田森秀明 (朝日新聞), 菊田洸, 西鳥羽二郎 (レトリバ), 岡崎直観 (東工大), 乾健太郎 (東北大), 奥村学 (東工大)
  • P6-15 Improving Evidence Detection using Warrants as External Knowledge
    ○◊Keshav Singh (東北大), Naoya Inoue (東北大/理研AIP), Paul Reisert (理研AIP), Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

P7:ポスター(4)   3月15日(金) 13:10-14:40

  • P7-16 クラウドソーシングによるパーラメンタリーディベートへの論述構造のアノテーション
    ○内藤昭一 (リコー), 井之上直也, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • P8-8 画像/言語同時埋め込みベクトル空間の構築に向けた埋め込み粒度の比較検討
    ○北山晃太郎 (東北大), 清野舜, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)
  • P7-37 双方向学習と再現学習を統合したニューラル機械翻訳
    ○森下睦 (NTT), 鈴木潤 (東北大), 永田昌明 (NTT)

A6:機械翻訳(4)   3月15日(金) 15:00-16:40 IB大講義室

  • A6-3 ニューラル機械翻訳における文脈情報の選択的利用
    ○藤井諒 (東北大), 清野舜, 鈴木潤, 乾健太郎 (東北大/理研AIP)

B6:埋め込み表現(2)   3月15日(金) 15:00-16:40 IB015

  • B6-1 Unsupervised Learning of Discourse-Aware Text Representation
    ○◊Farjana Sultana Mim (東北大), Naoya Inoue (東北大/理研AIP), Paul Reisert, Hiroki Ouchi (理研AIP), Kentaro Inui (東北大/理研AIP)

D6:意味解析(3)   3月15日(金) 15:00-16:40 ES022

  • D6-5 ニューラル自然言語推論に向けたMonotonicityに基づく含意関係認識データセット自動構築
    ○谷中瞳 (理研AIP/お茶大), 峯島宏次, 戸次大介 (お茶大), 関根聡 (理研AIP), 乾健太郎 (東北大/理研AIP), Lasha Abzianidze, Johan Bos (フローニンゲン大)

open
2019 Mar.07
Blog

Congratulations to Pride! / プライドさんおめでとうございます!

All Lab members extended their congratulations to 1st year Master student Pride Kavumba for the birth of his daughter. We wish you a bright and fun, wonderful family life!

先月お子様が誕生した、Pride Kavumba(修士1年)に研究室一同から出産祝いをお贈りしました。明るく楽しい、素敵なご家庭を築いてくださいね!

open
2019 Feb.25
News Release

Acceptance to NAACL-HLT 2019 / NAACL-HLT 2019 採択

The following papers have been accepted to The 17th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT 2019).

The 17th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT 2019)に下記の論文が採択されました。

  • Shota Sasaki, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Subword-based Compact Reconstruction of Word Embeddings.”
  • Masato Mita, Tomoya Mizumoto, Masahiro Kaneko, Ryo Nagata and Kentaro Inui.
    “Cross-Corpora Evaluation and Analysis of Grammatical Error Correction Models — Is Single-Corpus Evaluation Enough?”
open
2019 Feb.15
Blog

Laboratory layout change / 研究室のレイアウト変更を行いました

Everyone gave a hand in changing the Lab’s layout. Let’s keep advancing research in the refreshed Tohoku NLP Lab!

研究室メンバーみんなで協力し、研究室のレイアウトを変更しました。新しくなった乾・鈴木研究室でこれからも楽しく研究を進めていきます。どうぞよろしくお願いいたします!

open
2019 Feb.11
News Release

Professor Kentarō Inui appeared on the NHK radio show “AI’s voice near you!” / NHKラジオ番組「あなたのそばに AIボイス!」に乾教授が出演いたしました

Professor Kentarō Inui appeared on the NHK radio 1st channel show “あなたのそばに AIボイス!” (“AI’s voice near you!”). “AI’s voice near you!” is a radio show that aims to present the newest developments in music and dialoge AI in a fun and easy to understand way through various guest appearances.

乾健太郎教授が、NHKラジオ第1放送において、2/11(月/祝)に放送されたNHKラジオ番組「あなたのそばに AIボイス!」に出演いたしました。 「あなたのそばに AIボイス!」は、様々なゲストを招いて音声や会話をテーマにAI技術の最前線を楽しく、分かりやすくお伝えする番組です。

open
2019 Feb.06
News Release

Master thesis final defense / 修士論文本審査会が行われました

2nd year master students Hiroki Asano, Shun Kiyono, Shota Sasaki, Hono Shirai, Taku Nakamura, and Kazuaki Hanawa defended their Master theses (15min presentation, 10min discussion) under the lab members’ watchful eyes. Great work, everyone!

研究室メンバーに見守られる中、修士2年の浅野広樹さん、清野舜さん、佐々木翔大さん、白井穂乃さん、中村拓さん、塙一晃さんの修士論文本審査会(発表15分、試問10分)が行われました。皆さん、おつかれさまでした!

open
2019 Feb.01
News Release

SemEval2019 Task4 (Hyperpartisan News Detection)

Kazuaki Hanawa, Shota Sasaki, Tsubasa Tagami, Hiroki Ouchi, Jun Suzuki and Kentaro Inui got 3rd place in 42 teams on SemEval2019 Task4 (Hyperpartisan News Detection).

塙 一晃,佐々木翔大,田上翼,大内 啓樹,鈴木 潤,乾 健太郎の研究グループがSemEval2019 Task4 (Hyperpartisan News Detection)において、42チーム中 第3位の成績を収めました。

open
2019 Feb.01
News Release

AAAI 2019

The following two papers were presented at the Thirty-Third AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-19) .

1月27日から2月1日にかけてハワイで開催されたThe Thirty-Third AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-19) において、下記の発表を行いました.

  • Shun Kiyono, Jun Suzuki, Kentaro Inui.
    “Mixture of Expert/Imitator Network: Scalable Semi-supervised Learning Framework”
  • Sho Takase, Jun Suzuki, Masaaki Nagata.
    “Character n-gram Embeddings to Improve RNN Language Models”

open
2019 Jan.31
News Release

MiCS: talk by Hideto Kazawa / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 賀沢秀人氏ご講演

Hideto Kazawa from Google visited and gave a talk on the future of NLP. (MiCS).

Googleの賀沢秀人氏にお越しいただき、「これからのNLP」についてご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2019 Jan.25
News Release

MiCS: talk by Dr. Yoshitaka Ushiku / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 牛久祥孝氏ご講演

Dr. Yoshitaka Ushiku from Omron Sinic X visited the Lab and gave a talk on the forefront of image and language integration by Deep Learning.(MiCS).

オムロンサイニックエックス株式会社の牛久祥孝氏にお越しいただき、「Deep Learningによる視覚・言語融合の最前線」についてご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes