Tohoku NLP Group

Explore Human & Machine Thinking

Notifications【お知らせ】

2024 Jun.12

Presenting at NAACL 2024 / NAACL 2024 で発表します

The following works will be presented at the 2024 Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics (NAACL 2024), held in Mexico City from June 16th to 21st.

2024年6月16日から21日にかけてメキシコシティで開催される NAACL 2024 において、Tohoku NLP メンバーが携わる下記5件の発表をおこないます。

Main Conference

  • Yoichi Ishibashi, Sho Yokoi, Katsuhito Sudoh and Satoshi Nakamura.
    “Subspace Representations for Soft Set Operations and Sentence Similarities”

Workshop: Student Research Workshop (NAACL SRW 2024)

  • Ryohei Kamei, Daiki Shiono, Reina Akama and Jun Suzuki.
    “Detecting Response Generation Not Requiring Factual Judgment”
  • Ryosuke Takahashi, Go Kamoda, Benjamin Heinzerling, Keisuke Sakaguchi and Kentaro Inui.
    “The Curse of Popularity: Popular Entities have Catastrophic Side Effects when Deleting Knowledge from Language Models”
  • Subaru Kimura, Ryota Tanaka, Shumpei Miyawaki, Jun Suzuki and Keisuke Sakaguchi.
    “Empirical Analysis of Large Vision Language Models against Goal Hijacking via Visual Prompt Injection”
  • Daiki Shiono, Shumpei Miyawaki, Ryota Tanaka and Jun Suzuki.
    “Instruction-Following Evaluation for Large Vision-Language Models”

News【ニュース】

2024 Jun.13
Talk

2024.6.13 MiCS: Dr. Yotaro Watanabe / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):渡邉陽太郎氏ご講演

Dr. Yotaro Watanabe from PKSHA Technology gave a talk entitled “Experienced university faculty, corporate researcher, and start-up engineer”. (MiCS)

株式会社PKSHA Technology の渡邉陽太郎氏に、「大学教員・企業研究者・スタートアップエンジニアを経験して」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2024 Jun.12
Talk

2024.6.11 MiCS: Mr. Yusuke Kaji, Mr. Kenta Naruse and Ms. Saki Kozai / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):梶佑輔氏、成瀬健太氏、小材彩季氏ご講演

Mr. Yusuke Kaji, Mr. Kenta Naruse and Ms. Saki Kozai from Rakuten Group, Inc. gave a talk entitled “Introduction of LLM development using fine-tuning and model merge, and examples of LLM architecture design and evaluation at Rakuten Group”. (MiCS)

楽天グループ株式会社の梶佑輔氏、成瀬健太氏、小材彩季氏に「楽天グループでのFine-tuning・Model mergeを用いたLLM開発、およびLLMアーキテクチャの設計・評価事例のご紹介」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2024 Jun.12
Blog

Group photo update / 集合写真を撮りました

We updated our group photo on the members page. Let’s have another great year together!

メンバーページの集合写真を更新しました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

open
2024 Jun.08
Blog

Congratulations to Sasaki (Aizawa)! / 佐々木(相澤)知佳さんおめでとうございます!

All Lab members extended their congratulations to our secretary Sasaki (Aizawa) for the birth of her son. We wish you a bright and fun, wonderful family life!

3月にお子様が誕生した、秘書の佐々木(旧姓 相澤)知佳さんにスタッフ一同から出産祝いをお贈りしました。明るく楽しい素敵なご家庭を築いてくださいね!

open
2024 Jun.03
News Release

The 38th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2024 / 2024年度 人工知能学会全国大会 (第38回)

The following five presentations were given at the 38th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2024 (JSAI2024) held from May 28 to 31.

2024年5月28日から31日にかけて静岡県浜松市で行われた2024年度 人工知能学会全国大会 (第38回)(JSAI2024)において、Tohoku NLP メンバーが携わる下記5件の研究発表が行われました。

5/30(木)

[3F1-GS-10] AI応用:言語モデル   2024年5月30日(木) 09:00 〜 10:40 F会場 (イベントホール仮設4)

  • [3F1-GS-10-03] 大規模言語モデルの情報推薦バイアスの較正
    〇熊谷 雄介(株式会社博報堂DYホールディングス)、伊藤 郁海(東北大学)、鴨田 豪(東北大学)、横井 祥(東北大学/理化学研究所)
  • [3F1-GS-10-04] LLM による前提生成ステップを用いた反論の攻撃力向上手法
    〇尾﨑 大晟(大阪公立大学)、中川 智皓(大阪公立大学/理化学研究所)、内藤 昭一(株式会社リコー/東北大学)、井之上 直也(北陸先端科学技術大学院大学/理化学研究所)、山口 健史(東北大学)、天野 祥太郎(大阪公立大学)、新谷 篤彦(大阪公立大学)

[3Xin2] ポスターセッション1   2024年5月30日(木) 11:00 〜 12:40 X会場 (イベントホール1)

  • [3Xin2-40] セールストークを対象とするエンゲージメントを考慮した目標指向対話データセット
    〇邊土名 朝飛(サイバーエージェント)、馬場 惇(サイバーエージェント)、赤間 怜奈(東北大学)

5/31(金)

[4K3-GS-10] AI応用:移動   2024年5月31日(金) 14:00 〜 15:40 K会場 (44会議室)

  • [4K3-GS-10-05] ごく少数の共通情報を活用するデータフュージョン
    〇牛久 雅崇(株式会社博報堂DYホールディングス)、熊谷 雄介(株式会社博報堂DYホールディングス)、横井 祥(東北大学/理化学研究所)

[4Xin2] ポスターセッション2   2024年5月31日(金) 12:00 〜 13:40 X会場 (イベントホール1)

  • [4Xin2-102] 柔軟な応対が求められる対話タスクでの動的スロットを用いた対話整合性向上
    〇駒田啓伍(東北大学)、阿部香央莉(マシンラーニング・ソリューションズ株式会社/理化学研究所)、守屋彰二(東北大学)、鈴木潤(東北大学/理化学研究所)
open
2024 May.23
News Release

Acceptance to ACL 2024 / ACL 2024 採択

The following papers have been accepted to the 62nd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2024).

ACL 2024 に下記の論文が採択されました。

Main Conference

  • Benjamin Heinzerling and Kentaro Inui.
    “Monotonic Representation of Numeric Properties in Language Models”

Findings

  • Shiki Sato, Reina Akama, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “A Large Collection of Model-generated Contradictory Responses for Consistency-aware Dialogue Systems”
open
2024 May.14
News Release

Press release / プレスリリース公開 “スーパーコンピュータ「富岳」で学習した大規模言語モデル「Fugaku-LLM」を公開 -日本語能力に長け、研究・ビジネス利用にも期待-”

A press release for our work has been published.

東北大学より、坂口慶祐准教授らがかかわる研究成果に関するプレスリリースが公開されました。

open
2024 May.14
News Release

Alumni Interview “MY DECISION” Updated / Alumni インタビュー「MY DECISION」更新

The interview of Kazeto Yamamoto (Ph.D. acquired in 2016) is now available on “MY DECISION.”

「MY DECISION」に、山本風人さん(2016年博士後期課程修了)のインタビューを公開しました。

open
2024 Apr.30
News Release

Acceptance to NAACL 2024 SRW / NAACL 2024 SRW 採択

The following papers have been accepted to the NAACL Student Research Workshop (SRW) 2024.

NAACL 2024 SRW に下記の論文が採択されました。

Archival Submission

  • Ryohei Kamei, Daiki Shiono, Reina Akama and Jun Suzuki.
    “Detecting Response Generation Not Requiring Factual Judgment”

Non-Archival Submissions

  • Ryosuke Takahashi, Go Kamoda, Benjamin Heinzerling, Keisuke Sakaguchi and Kentaro Inui.
    “The Curse of Popularity: Popular Entities have Catastrophic Side Effects when Deleting Knowledge from Language Models”
  • Subaru Kimura, Ryota Tanaka, Shumpei Miyawaki, Jun Suzuki and Keisuke Sakaguchi.
    “Empirical Analysis of Large Vision Language Models against Goal Hijacking via Visual Prompt Injection”
  • Daiki Shiono, Shumpei Miyawaki, Ryota Tanaka and Jun Suzuki.
    “Instruction-Following Evaluation for Large Vision-Language Models”
open
2024 Apr.30
News Release

The 2nd accomplishment report meeting on the ACT-X Frontier of mathematics and information science / ACT-X 数理・情報のフロンティア 第2回成果報告会 発表

Assistant Professor Sho Yokoi presented a work titled “The association between the shape of the word embedding space and the meaning of words” at the 2nd accomplishment report meeting on the ACT-X Frontier of mathematics and information science held from April 25th to 26th.

4月25日から26日にかけて開催されたACT-X 数理・情報のフロンティア 第2回成果報告会にて、横井祥助教が『言葉が埋め込まれた空間の形と言葉の意味の接続』のタイトルで発表を行いました。

open
2024 Apr.22
News Release

Acceptance to SIGMORPHON 2024 / SIGMORPHON 2024 採択

The following paper has been accepted to the Special Interest Group on Computational Morphology and Phonology 2024 (SIGMORPHON 2024).

SIGMORPHON 2024に下記の論文が採択されました。

  • Kosuke Matsuzaki, Masaya Taniguchi, Kentaro Inui and Keisuke Sakaguchi.
    “J-UniMorph: Japanese Morphological Annotation through the Universal Feature Schema”
open
2024 Apr.18
News Release

Acceptance to BEA 2024 / BEA 2024 採択

The following paper has been accepted to the 19th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications (BEA 2024).
BEA 2024に下記の論文が採択されました。

  • Masato Mita, Keisuke Sakaguchi, Masato Hagiwara, Tomoya Mizumoto, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Towards Automated Document Revision: Grammatical Error Correction, Fluency Edits, and Beyond”
open
2024 Apr.12
News Release

Acceptance to EDULEARN24 (Abstract) / EDULEARN24 採択 (Abstract)

The following abstract has been accepted to the 16th annual International Conference on Education and New Learning Technologies (EDULEARN24).

EDULEARN24 に下記の研究が採択されました。

  • Momoka Furuhashi, Hiroaki Funayama, Yuya Iwase, Yuichiroh Matsubayashi, Yoriko Isobe, Toru Nagahama, Saku Sugawara and Kentaro Inui.
    “Automatic feedback generation for short answer questions using Answer diagnostic graphs” (Abstract)
open
2024 Apr.11
Talk

2024.4.9 MiCS: Dr. Kazeto Yamamoto / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):山本風人氏ご講演

Game creator Dr. Kazeto Yamamoto gave a talk entitled “Living by what you want to do – A story about switching from being an NLP researcher to a game creator”. (MiCS)

ゲームクリエイターの山本風人氏に、「自分のやりたい事で生きるということ ~ NLP研究者からゲームクリエイターに鞍替えした話」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2024 Apr.03
News Release

2024.4.3 MiCS: Jonas F. Lotz / MiCS(みちのく情報伝達学セミナー):Jonas F. Lotz氏ご講演

Jonas F. Lotz from the Language and Multimodal Processing Group Department of Computer Science University of Copenhagen gave a talk entitled “Language Modelling from Pixels” (MiCS)

コペンハーゲン大学 コンピュータサイエンス学科 言語・マルチモーダル処理グループのJonas F. Lotz氏に、「Language Modelling from Pixels」という表題でご講演いただきました。(MiCS)

open
2024 Mar.28
Blog

Welcome and Farewell Party / 歓送迎会

We held a welcome and farewell party for the new lab members and departing lab members. New members deepened their friendships with everyone, and departing members shared their warm memories and received cards filled with messages from the lab members. We wish you every success!

研究室メンバーで歓送迎会を行いました。新しいメンバーは皆さんと親睦を深め、旅立っていくメンバーは楽しく思い出を語らいました。益々のご活躍を祈念いたします。

open
2024 Mar.28
News Release

Alumni Interview “MY DECISION” Updated / Alumni インタビュー「MY DECISION」更新

The interview of Naoya Inoue (Ph.D. acquired in 2013) is now available on “MY DECISION.”

「MY DECISION」に、井之上直也さん(2013年博士後期課程修了)のインタビューを公開しました。

open
2024 Mar.27
News Release

Graduation Ceremony / 学位記授与式

Congratulations on your graduation. We wish you every success in the future!

ご卒業・ご修了おめでとうございます。これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

open
2024 Mar.27
News Release

Tohoku University President’s Award, School of Engineering Dean’s Award, Graduate School of Information Sciences Dean’s Award, Graduate School of Education Dean’s Award / 総長賞、工学部長賞、情報科学研究科長賞、教育学研究科長賞 受賞

The following students received graduation awards. Congratulations!

学位授与式が執り行われ、下記の学生が表彰されました。おめでとうございます!

Tohoku University President’s Award / 総長賞

  • 松﨑 孝介(学部4年)

School of Engineering Dean’s Award / 工学部長賞

  • 羽根田 賢和(学部4年)
  • 中野 雄斗(学部4年)
  • 吉田 遥音(学部4年)

Graduate School of Information Sciences Dean’s Award / 情報科学研究科長賞

  • 佐藤 志貴(博士3年)
  • 工藤 慧音(修士2年)

Graduate School of Education Dean’s Award / 教育学研究科長賞

  • 石月 由紀子(修士2年)

open
2024 Mar.18
News Release

Publication in the Journal of Natural Language Processing Volume 31 Number 1 / 自然言語処理 31巻1号 発行

The following articles have been included in the Journal of Natural Language Processing Volume 31 Number 1.

下記の論文と記事が採録された『自然言語処理』31巻1号が発行されました。

  • 有山知希, 鈴木潤, 鈴木正敏, 田中涼太, 赤間怜奈, 西田京介
    “クイズコンペティションの結果分析から見た日本語質問応答の到達点と課題”
  • 丹羽彩奈, 横井祥, 高山隼矢, 斉藤いつみ
    “🚀 NLPコロキウム”
open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes
Close