TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾・鈴木研究室TOHOKU NLP LAB - 東北大学 乾・鈴木研究室

MENU

Natural Language Processing

Explore Human & Machine Thinking

News【ニュース】

2019 Sep.04
News Release

Acceptance to the 12th International Conference on Natural Language Generation (INLG 2019) / INLG 2019 採択

The following papers have been accepted to the 12th International Conference on Natural Language Generation (INLG 2019).

INLG 2019に下記の論文が採択されました。

  • Takumi Ito, Tatsuki Kuribayashi, Hayato Kobayashi, Ana Brassard, Masato Hagiwara, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Diamonds in the Rough: Generating Fluent Sentences from Early-stage Drafts”
  • Yuta Hitomi, Yuya Taguchi, Hideaki Tamori, Ko Kikuta, Jiro Nishitoba, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui and Manabu Okumura.
    “A Large-Scale Multi-Length Headline Corpus for Analyzing Length-Constrained Headline Generation Model Evaluation”
open
2019 Sep.02
News Release

Excellent Research Award at the 241st IPSJ NLP Conference / 情報処理学会 第241回自然言語処理研究会 優秀研究賞 受賞

2nd year PhD student Masatoshi Suzuki and members of the Inui-Suzuki Lab have received an Excellent Research Award at the 241st IPSJ Natural Language Processing Conference (Japanese only). Congratulations!

  • Masatoshi Suzuki, Koji Matsuda, Hiroki Ouchi, Jun Suzuki, Kentaro Inui

情報処理学会 第241回自然言語処理研究会にて、鈴木正敏(博士2年)ら乾・鈴木研究室メンバーが優秀研究賞を受賞しました。おめでとうございます!

  • 鈴木正敏, 松田耕史, 大内啓樹, 鈴木潤, 乾健太郎
    “クイズ解答タスクにおける大規模ラベルなしコーパスの利用: 言語モデルとデータ拡張”

open
2019 Aug.30
News Release

241st IPSJ Natural Language Processing Conference / 情報処理学会 第241回自然言語処理研究会 (NL)

The following works were presented at the 241st IPSJ Natural Language Processing Conference (Japanese only) held on August 29th and 30th.

8月29日から30日にかけて開催された情報処理学会 第241回自然言語処理研究会にて、下記の発表をおこないました。

  • Masato Mita, Masato Hagiwara (Octanove Labs), Keisuke Sakaguchi (Allen Institute for Artificial Intelligence), Tomoya Mizumoto (Future Corporation), Jun Suzuki, Kentaro Inui.
    “Automated Essay Rewriting (AER): Grammatical Error Correction, Fluency Edits, and Beyond”
  • 鈴木正敏, 松田耕史, 大内啓樹, 鈴木潤, 乾健太郎
    “クイズ解答タスクにおける大規模ラベルなしコーパスの利用: 言語モデルとデータ拡張”

open
2019 Aug.29
News Release

14th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) Encouragement Award and Budding Research Award / NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウム 奨励賞受賞・萌芽研究賞 受賞

Members of the Inui-Suzuki Lab recieved two Encouragement Awards and a Budding Research Award at the 14th YANS Symposium. Congratulations!

Encouragement Award:

  • Sho Yokoi, Ryo Takahashi, Reina Akama, Jun Suzuki, Kentaro Inui
  • Masato Mita, Masato Hagiwara, Keisuke Sakaguchi, Tomoya Mizumoto, Jun Suzuki, Kentaro Inui

Budding Research Award:

  • Takumi Goto, Ryo Nagata, Masato Mita, Kazuaki Hanawa, Tomoya Mizumoto

NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウムにて、乾・鈴木研究室メンバーが奨励賞(2件)と萌芽研究賞(1件)を受賞しました。おめでとうございます!

奨励賞:

  • 横井祥, 高橋諒, 赤間怜奈, 鈴木潤, 乾健太郎
    “文ベクトルの最適輸送に基づく類似性尺度”
  • 三田雅人, 萩原正人, 坂口慶祐, 水本智也, 鈴木潤, 乾健太郎
    “文法誤り訂正を拡張した新タスクの提案”

萌芽研究賞:

  • 五藤巧, 永田亮, 三田雅人, 塙一晃, 水本智也
    “文法誤り訂正における問題の 難しさを考慮した性能評価尺度の提案”

open
2019 Aug.29
News Release

14th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (YANS) / NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウム

The following 15 works were presented at the 14th Symposium of YANS (Japanese only).

8月26日から28日にかけて開催されたNLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウムにて、下記15件の発表をおこないました。

8月26日(月) 16:20-18:10 ポスター・デモ発表 (1)

  • P05:日本語述語項構造解析のための自己回帰モデル
    宮脇峻平, 加藤拓真, 今野颯人, 大内啓樹, 清野舜, 松林優一郎, 高橋諒, 乾健太郎
  • P06:文ベクトルの最適輸送に基づく類似性尺度
    横井祥, 高橋諒, 赤間怜奈, 鈴木潤, 乾健太郎
  • P16:単語ベースモデルおよび文字ベースモデルによる固有表現抽出の性能比較
    加藤拓真, 宮脇峻平, 阿部香央莉, 大内啓樹, 鈴木潤, 乾健太郎

8月27日(火) 09:00-10:50 ポスター・デモ発表 (2)

  • P20:負例を厳選した対話応答選択データセットの構築
    佐藤志貴, 赤間怜奈, 大内啓樹, 鈴木潤, 乾健太郎
  • P31:文法誤り訂正における問題の難しさを考慮した性能評価尺度の提案
    五藤巧(甲南大学), 永田亮(甲南大学), 三田雅人, 塙一晃, 水本智也(フューチャー株式会社)
  • P36:文脈を考慮する言語モデルが捉える品詞情報とその軌跡
    小林悟郎, 栗林樹生, 横井祥, 鈴木潤, 乾健太郎

8月27日(火) 14:00-15:50 ポスター・デモ発表 (3)

  • D03:seq2seqによる部首の意味を考慮した漢字生成システム
    藤井諒, 舟山弘晃, 北山晃太郎, 阿部香央莉, Ana Brassard, 三田雅人, 大内啓樹
  • P40:BERTによる擬似訓練データ生成に基づく述語項構造解析
    今野颯人, 松林優一郎, 清野舜, 高橋諒, 大内啓樹, 乾健太郎
  • P57:コロケーション・イディオム誤りを考慮した文法誤り訂正のための擬似データ生成
    金子正弘(首都大学東京), 三田雅人, 鈴木潤, 乾健太郎

8月27日(火) 16:10-18:00 ポスター・デモ発表 (4)

  • D04:英語論文執筆のための統合ライティング支援環境
    伊藤拓海, 栗林樹生, 萩原正人(Octanove Labs), 鈴木潤, 乾健太郎
  • P58:自動採点における確信度推定手法
    舟山弘晃, 佐々木翔大, 水本智也(フューチャー株式会社), 三田雅人, 鈴木潤, 乾健太郎
  • P59:文法誤りに頑健な機械翻訳システムの実現に向けた敵対性ノイズの検討
    藤井諒, 阿部香央莉, 塙一晃, 三田雅人, 鈴木潤, 乾健太郎
  • P69:クイズ解答タスクにおける大規模ラベルなしコーパスの利用: 言語モデルとデータ拡張
    鈴木正敏, 松田耕史, 大内啓樹, 鈴木潤, 乾健太郎

8月28日(水) 09:30-11:20 ポスター・デモ発表 (5)

  • P81:イベントの出現順序を考慮した物語の類似性尺度
    大竹孝樹, 横井祥, 井之上直也, 高橋諒, 乾健太郎
  • P89:文法誤り訂正を拡張した新タスクの提案
    三田雅人, 萩原正人(Octanove Labs), 坂口慶祐(Allen Institute for Artificial Intelligence), 水本智也(フューチャー株式会社), 鈴木潤, 乾健太郎

open
2019 Aug.26
News Release

Japan Society of Civil Engineers (JSCE): Subcommittee on Utilizing AI in Structural Engineering / 土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会

Professor Kentaro Inui gave the following lecture at the JSCE Subcommittee on Utilizing AI in Structural Engineering:

  • “The NLP Frontier: The Usage and Impact of Deep Learning”

土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会にて、乾健太郎教授が下記の題目で講演をおこないました。

  • “自然言語処理のフロンティア 深層学習のインパクトと活用方法”
open
2019 Aug.26
News Release

NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウム

Associate Professor Jun Suzuki gave an invited talk at the 14th Symposium of Young Researcher Association for NLP Studies (Japanese only) under the following subject:

  • “Toward paper acceptance at top conferences (NLP research field version)”

NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウムにて、鈴木潤准教授が下記の題目で招待講演をおこないました。

  • “トップカンファレンスへの論文採択に向けて(NLP研究分野版)”

open
2019 Aug.21
Talk

Seminar on how to write academic papers / 論文書き方セミナー

Professor Ryou Nagata from Konan University visited the Lab and held a seminar on basic and advanced techniques for writing academic papers.

甲南大学の永田亮氏にお越しいただき、「論文書き方セミナー(基礎編)」、「論文書き方セミナー(応用編)」を開催していただきました。

open
2019 Aug.20
Talk

MiCS: Prof. Ryo Nagata / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 永田亮氏ご講演

Professor Ryo Nagata from Konan University visited the Lab and gave a lecture on the application of linguistic processing to linguistic analysis. MiCS

甲南大学の永田亮氏にお越しいただき、「言語処理の言語学的分析への応用」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2019 Aug.15
News Release

Acceptance to EMNLP-IJCNLP 2019 / EMNLP-IJCNLP 2019 採択

The following papers have been accepted to the 2019 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP).

EMNLP-IJCNLP 2019に下記の論文が採択されました。

  • Hiroki Ouchi, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “Transductive Learning of Neural Language Models for Syntactic and Semantic Analysis”
  • Shun Kiyono, Jun Suzuki, Masato Mita, Tomoya Mizumoto and Kentaro Inui.
    “An Empirical Study of Incorporating Pseudo Data into Grammatical Error Correction”
  • Xiaoyu Shen, Jun Suzuki, Kentaro Inui, Hui Su, Dietrich Klakow and Satoshi Sekine.
    “Select and Attend: Towards Controllable Content Selection in Text Generation”
  • Masato Hagiwara, Takumi Ito, Tatsuki Kuribayashi, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “TEASPN: Framework and Protocol for Integrated Writing Assistance Environments” (Demo Track)
open
2019 Aug.06
News Release

Prof. Inui interview / 乾教授へのインタビュー

Students from the Miyagi-ken Sendai San’o High School visited the Lab and asked Prof. Inui about the relationship between humans and AI.

宮城県仙台三桜高等学校の生徒さんが乾教授へAIと人との関わりについてのインタビューに訪れました。

open
2019 Aug.02
News Release

The 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2019)

The following works have been presented at the main conference and workshops of the 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2019).

2019年7月28日から8月2日にかけて開催された the 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2019) および併催ワークショップで下記の発表を行いました。

Main Conference:

  • Tatsuki Kuribayashi, Hiroki Ouchi, Naoya Inoue, Paul Reisert, Toshinori Miyoshi, Jun Suzuki and Kentaro Inui.
    “An Empirical Study of Span Representations in Argumentation Structure Parsing”
  • Benjamin Heinzerling and Michael Strube.
    “Sequence Tagging with Contextual and Non-Contextual Subword Representations: A Multilingual Evaluation”
  • Motoki Sato, Jun Suzuki and Shun Kiyono.
    “Effective Adversarial Regularization for Neural Machine Translation Models”

Workshops:


open
2019 Aug.02
Talk

MiCS: Dr. Kevin Duh / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : Kevin Duh氏ご講演

Dr. Kevin Duh from John Hopkins University visited the lab and gave a lecture titled “Membership Inference Attacks on Sequence-to-Sequence Models”. (MiCS)

Johns Hopkins UniversityのKevin Duh氏にお越しいただき、「Membership Inference Attacks on Sequence-to-Sequence Models」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
2019 Aug.02
News Release

Kawai School “Knowledge Plaza” / 河合塾 「知の広場」

Professor Kentaro Inui gave a lecture at the Kawai School “Knowledge Plaza” on the following subject:

  • “The Challenge of NLP: Creating an AI that Understands Langauge”

河合塾 「知の広場」にて、乾健太郎教授が下記の題目で講演を行いました。

  • “言葉がわかる人工知能をつくる〜自然言語処理の挑戦〜”
open
2019 Jul.31
News Release

Open Campus held / オープンキャンパスが開催されました

An Open Campus event targeting prospective students and the local community has been held on July 30th and 31st. The Inui-Suzuki Lab showcased their research results with demonstration systems and panel displays.

7月30日-31日の2日間、入学希望者や地域の方々を対象にしたオープンキャンパスが開催されました。 乾・鈴木研究室では、研究成果のデモンストレーションやパネル展示をおこないました。

After the two-day event, Lab members enjoyed a social gathering.

また、二日間のオープンキャンパス後には研究室メンバー皆で打ち上げも行いました。

open
2019 Jul.25
News Release

JST/CRDS Workshop / JST/CRDS 公開ワークショップ 「意思決定のための情報科学 ~情報氾濫・フェイク・分断に立ち向かうことは可能か~」

Professor Kentaro Inui gave the following lecture at the JST/CRDS workshop (Japanese only) on information science for decision-making: whether it is possible to confront information flooding, fakes, and fragmentation.

  • “Statement mapping and fact-checking: an NLP approach”

JST/CRDS 公開ワークショップ 「意思決定のための情報科学 ~情報氾濫・フェイク・分断に立ち向かうことは可能か~」にて、乾健太郎教授が下記の題目で招待講演をおこないました。

  • “言論マップ、ファクトチェック: 自然言語処理技術によるアプローチ”
open
2019 Jul.12
News Release

Third International Workshop on Symbolic-Neural Learning (SNL-2019)

Associate Professor Jun Suzuki gave an invited talk at the Third International Workshop on Symbolic-Neural Learning (SNL-2019) held from July 11 to July 12, 2019 on the following topic:

  • “Usability Enhancements to Neural Word Embeddings”

2019年7月11日から7月12日にかけて開催された Third International Workshop on Symbolic-Neural Learning (SNL-2019) にて、鈴木潤准教授が下記の題目で招待講演をおこないました。

  • “Usability Enhancements to Neural Word Embeddings”

open
2019 Jul.11
News Release

Selection for Google AI for Japan / Google AI for Japan 採択

Associate Professor Jun Suzuki has been selected for “Google AI for Japan” under the following research project proposal:

  • Kentaro Inui “Language Model as a Knowledge Base: Toward Integration of Knowledge Representation, Acquisition, Retrieval, and Inference”

“Google AI for Japan is a program that supports the development of the next generation of AI human resources, promotes AI utilization for solving business and social issues, and aims to contribute to AI research in Japan.” (Google AI for Japan: AI人材の育成と技術活用促進を目指して)

乾教授が下記の研究課題で「Google AI for Japan」に採択されました。「『Google AI for Japan』は、次世代の AI 人材育成を支援するとともに、ビジネスや社会課題解決に向けた AI 活用促進、さらに国内の AI 研究への貢献を目的」とした助成プログラムです。(Google AI for Japan: AI人材の育成と技術活用促進を目指して

  • 乾 健太郎 「知識ベースとしての言語モデル:知識の表現・獲得・検索・推論の統合に向けて」
open
2019 Jul.09
News Release

Writing assistance environment protocol and framework TEASPN released / ライティング支援環境のためのプロトコルおよびフレームワークTEASPNの公開

The TEASPN (Text Editing Assistance Smartness Protocol for Natural Language) protocol and framework for writing assistance environments has been released. It is a standardized mechanism for linking natural language processing modules such as error correction and auto-completion with editors.
The project’s main contributors are Dr. Masato Hagiwara (Octanove Labs/RIKEN AIP) and 2nd year Master students Takumi Ito and Tatsuki Kuribayashi (Langsmith Inc.).

TEASPN — Framework and Protocol for Integrated Writing Assistance Environments – youtube

ライティング支援環境を実現するプロトコルおよびフレームワークTEASPN (Text Editing Assistance Smartness Protocol for Natural Language) を公開しました。誤り訂正・自動補完などの自然言語処理モジュールとエディタとの橋渡しをする仕組みを標準化したものとなっています。
Masato Hagiwara (Octanove Labs/RIKEN AIP) さん、伊藤拓海、栗林樹生(修士2年/Langsmith Inc.)が中心となって取り組んだプロジェクトです。

TEASPN — Framework and Protocol for Integrated Writing Assistance Environments – youtube

open
2019 Jun.28
Talk

MiCS: Dr. Patrycja Świeczkowska / MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : Patrycja Świeczkowska氏ご講演

Dr. Patrycja Świeczkowska from the Hokkaido University visited the Lab and gave a presentation titled “Towards a motivational dialogue system”. MiCS

北海道大学のPatrycja Świeczkowska氏にお越しいただき、「Towards a motivational dialogue system」という表題でご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー)

open
View More News

これ以上は記事がありません

これ以上は記事がありません

Recent Changes
Close